田七人参

田七人参には、めぐり成分のサポニンが豊富に含まれていますが、このサポニンの含有量は、同じ人参科の高麗人参と比較すると圧倒的に多いことがわかっています。

驚くことに、田七人参に含まれているサポニンの含有量は、高麗人参を遥かに凌ぐ約7倍以上。

このめぐり成分のおかげで、糖質のエネルギー消費の効率アップに期待できると注目されています。

田七人参には、糖質の代謝促進などエネルギー消費を効率良くする
・めぐり成分のサポニン
・リラックス効果のあるスッキリ成分のフラボノイド
・体内を調節する鉄分・カルシウム・亜鉛
などのミネラルがたっぷり含まれています。

また、体内で生成されない健康維持に欠かせない
必須アミノ酸全9種や美容成分のビタミン・カロチンも含まれているのです。

田七人参は、中国は雲南省の厳しい高山地帯に生息し、収獲まで3~7年も掛かるとても貴重な田七人参は、栄養価が高いことで古来より中国で漢方に利用され、健康維持や心身の滋養などに重宝されてきました。

そんな田七人参を手軽に摂れるサプリメントが「白井田七」です。

「白井田七」には、日本人の白井博隆氏が栽培方法を改良することで開発した完全有機・無農薬で栽培できる田七人参を原材料に使用しています。

余計な物は一切使用せずに飲みやすい錠剤を実現

白井田七は、賦形剤などの余計な物は一切使用することなく、飲みやすい錠剤タイプのサプリメントの実現に成功しています。

通常、錠剤を形作る際に使用される賦形剤などは使用せずに、つなぎに有機玄米を使用することで、粉末状だと飲みづらい田七人参をほぼ丸ごとの98%も配合した錠剤を強い圧力を掛けるだけで形作ることに成功しています。

徹底した品質管理の下完全有機・無農薬栽培に成功

害虫に非情に弱い田七人参は、通常の栽培では大量の農薬や化学肥料を使用する大きなリスクを負っていました。

しかし、日本人の白井博隆氏が10年の歳月を掛けて栽培方法を改良することで、完全有機・無農薬で栽培できる田七人参「白井田七」の開発に成功したのです。

安全性の世界基準でもあるIFOAM有機認証・有機JAS認証を取得し、これらの基準に沿って加工から製造までを徹底して一括管理することで高品質の「白井田七」が完成します。