中日の森野将彦が現役引退 来季からは打撃コーチに

ドラゴンズ一筋21年の苦労人が、ユニフォームを脱ぐことになりました。

中日ドラゴンズの主力として活躍した森野将彦が、

39歳の今季限りで現役引退することが発表されましたね。

どうやら、来季からはそのままチームに残って打撃コーチになるみたいです。

気がつけば、落合監督が指揮をとっていた中日黄金期のメンバーが、

森野将彦の現役引退でだんだん減ってきましたね。

特に、彼は落合監督に厳しく鍛えられた選手の一人ですから、

レギュラーの座を掴むまで相当苦労したと思いますが、

厳しい練習に耐え抜いたからこそ今の森野将彦があると言えるでしょう。

レギュラーとして毎日試合に出るようになってからは、

主にクリーンアップの3番を任されるまでに成長しました。

森野将彦と言えば、やっぱりシュアなバッティング技術だと思います。

ここぞという場面での勝負強さと一発も狙える強打も持ち合わせ、

広角に打ち分けるバッティング技術には定評がありましたね。

それに、出塁率も結構高かったことから、

後ろの打者につなげるチャンスメイクもできる3番でした。

そう言えば、特別上手いというわけではなかったけど、

内野でも外野でもどこでも守れる器用さも持っていましたね。

監督として4度のリーグ優勝、1度の日本一を成し遂げた

落合監督が重用していた理由が何となくわかります。

そんな中日黄金期を支えた森野将彦も怪我には勝てなかったようです。

最近は、1軍の試合にはほとんど出場する機会がなく、

2軍暮らしがずっと続いている状態でした。

たぶん、足の怪我などでボロボロの肉体はもう限界だったんでしょう。

引退試合の最後の打席でも、力なのないボテボテの打球で、

ファーストゴロに倒れてしまいましたからね。

森野将彦は、引退後は打撃コーチに就任するみたいですが、

きっと彼のこれまでの経験は若手選手に良いお手本になると思います。

今季はBクラスの5位とチームは低迷していますが、

中日黄金期復活のためにも、森野2世を育ててもらいたいですね。

これからもさらに頑張ってくれるでしょう。